私を磨くテーブルマナー

中華料理には西洋料理に見られる厳しいテーブルマナーはありません。しかし、中華料理にも守りたいマナーはあります。中華料理では親しい人たちが楽しく食事をすることを大切にしています。一緒に食べる人が楽しく食事ができるように気遣いをするのです。中華料理でのテーブルマナーについて紹介しましょう。

中華料理ってどんなもの?

中華料理

中国では食卓を囲んで食事をすることを大切にしています。昔は男性が食事をし、後で女性が食事をしていました。普段の食事でも子供は近所の友達と食べたり、大人は仕事で忙しかったりとそれほど食卓を共にすることは多くないようです。しかし、お祝いの席や節目では家族が集まって一緒に食事をし、家族の絆を確認するのです。中華料理の特徴は、和食や洋食ではあまりみられない、豪快な「火力」の扱いです。チャーハンを代表するように強火で一気に調理します。

中華料理のテーブルマナー1:中華料理の食事の流れ

円卓には8〜12人が座ります。前菜4種、メイン6〜8種、デザート(点心)2種が中華料理のフルコースになります。メニューには一皿何人前にあたるのかが書かれています。だいたいが小さいお皿で2〜3人前、中くらいのお皿で4〜5人前になります。あまり少人数で行っても食べきれなくなるので、大勢で行ったほうがたくさんの種類をバランス良く食べることができます。

中華料理のテーブルマナー2:席次について

中華料理での席次は、入り口から最も遠いところが上座になり、主賓が座ります。入り口に最も近いところが下座になり、招待主が座ります。しかし景色が良い場所、北の方角も良いとされており、この限りではありません。西洋では招待主の側に主賓が座りますが、礼儀を重んじている表れでもあります。主賓から左回りに2番目・3番目と座ると食事のときに円卓が回しやすくなります。

中華料理のテーブルマナー3:円卓の回し方

円卓はお店で順番もなく回しては取り合いになってしまうので、時計回りに回します。左側のすぐ側に取りたい料理がある場合もこの限りではありません。回すときは食器がぶつからないか、他の人が取っている最中ではないかを確認してから回しましょう。円卓を使っているときは、必ず席に座って料理を取ります。席を立って料理を取るのはマナー違反になります。親切に料理を取り分けてくれる人もいますが、主客以外は必要ありません。主客の分を取ったあとに自分の分を取り、左に回します。

中華料理のテーブルマナー4:取り皿の使い方

中華料理は大皿に盛り、各自が取り分けます。日本では1枚のお皿にたくさんの料理をのせているのをよく見かけますが、味が混ざってしまいますよね。中華料理では取り皿が円卓の上にのせられています。この取り皿は何枚使っても構いません。気の利いたお店ではすぐに気がついて新しい取り皿を持ってきてくれます。そして中華料理では取り分けるときも食べるときも取り皿は一切手に持たないのです。取り分けるときはれんげや箸は自分のものを直に使います。

中華料理のテーブルマナー5:中華料理の食べ方

全員が取り分けたら最初の一口は全員一緒に食べ始めます。餃子や春巻きなど食べにくいものは、一度食べやすい大きさに切り分けてから口に運びます。

れんげのマナー

麺類は一度れんげにとってから麺を食べます。こうすることで汁がはねにくくなります。スープを飲むときはれんげを右手に持ち替えます。また、れんげにも使い方があります。れんげは真横ではなく斜めに口にあてます。口に垂直にあたるのが良いでしょう。れんげの柄のくぼみに人差し指を入れて親指と中指でれんげを持ちます。

中国茶のマナー

油を使った中華料理には脂肪を分解してくれる中国茶は欠かせません。中国茶は食後ではなく食事中にいただきます。ウーロン茶やジャスミン茶などお好みで選んでみてください。中国茶は急須を使わず、湯飲み茶碗の中に茶葉が入っていることもあります。その場合は、湯のみ茶碗を左手で茶托ごと持ち、右手で蓋をずらして飲むと、口の中に茶葉が入るのを防ぐことができます。また、急須を使った中国茶は、蓋を少し右にずらすとおかわりのサインになります。

乾杯のマナー

中国ではお祝いの席でたくさん乾杯があり、どんどん注がれます。新しく食事が運ばれるごとに、食べ物を洗い流すという意味があります。中国の結婚式では花婿が泥酔しないように代わりに飲む人が付き添っているほどです。飲めない人は事前に伝えておくと良いでしょう。

中華料理で意外とOKなテーブルマナー

  • テーブルクロスやナプキンは汚しても良いことになっています。これは、食事がおいしかったという意味でイタリア料理でも認められているマナーです。日本人にはなじみがないことですが、テーブルクロスで口を拭くこともあります。
  • 日本料理では器を重ねると傷がつくのでタブーとされていますが、中華料理では皿の上に茶碗をのせても良いことになっています。それは茶碗の中に骨を吐き出すためなのです。

中華料理でNGなテーブルマナー

  • 食べ物を残すのはマナー違反なので自分が食べられる分だけを取り分けます。料理が残っている場合、おかわりがしたい人はその都度おかわりをします。
  • 先にも書きましたが、中華料理のお店では他の人の分まで取り分けることはしません。しかし、お茶は隣の人にも入れてあげましょう。
中国の食文化

一口に中華料理といっても、四川料理・上海料理・北京料理・広東料理といった地方料理があります。中国にはたくさんの食材が入ってきたため、独自の料理が発展しました。中華料理の特徴は野菜と肉を組み合わせているところにあります。数種類の食材に香辛料や調味料を使って調理します。これは食材は薬になるという考えからきたものです。中国では体を温めることを重視していて火を通す料理が多く、冷たい料理や生食はあまり見かけません。たくさんの食材を使う中華料理ですが、乳製品・生卵・魚は中国人にとってあまりなじみのない食材のようです。

トップページに戻る

Copyright (c)2006 table-manners.org All rights reserved.