私を磨くテーブルマナー

箸の持ち方

和食を食べる上で大切なテーブルマナーのひとつに、箸の持ち方があります。箸の持ち方は、一度自分の癖がついてしまうとなかなか取れないものかもしれません。しかし、中には気をつけようと意識することで変えられる場合もあります。間違った箸の持ち方には、弔事に使われるので「忌み嫌う=忌み箸・嫌い箸」とされる場合も多いのです。正しい箸の持ち方をマスターして、気持ちよく食事をしましょう。

箸の間違った持ち方

まず、間違った箸の持ち方を挙げてみました。ここに挙げた間違った箸の持ち方はほんの一部なんですよ。普段の生活の中で箸を使っていると、思い当たることがあるのではないでしょうか。

あげ箸 移し箸(拾い箸) 移り箸
口より上に箸を上げることをいいます。食べ物を落としやすくなります。 移し箸箸から箸へ食べ物を受け渡すことをいいます。骨を拾うときに使われるので忌み嫌われます。 おかずからおかずへと箸を進めることで、前のおかずの味が口の中に残ってしまいます。
そら箸 こすり箸 刺し箸(突き箸)
器まで箸を近づけたのに、料理を取らないことをいいます。料理を出した人は何か変な物でも入っているのかと気になります。 割り箸を割ったときにできるささくれをこすって落とすことをいいます。引っ張って取るのは問題ありません。 刺し箸料理に箸を突き刺すことをいいます。滑りやすい料理などは失敗して器から出てしまうこともあります。
逆さ箸 探り箸 込み箸
箸を逆さにして使うことをいいます。 汁物などを箸でかき混ぜて中身を探ることをいいます。 箸で口の中にいっぱい食べ物を詰め込むことをいいます。
すかし箸 かき箸 竹木箸
魚を食べるときに、中骨の間から下の身をかき出して食べることをいいます。 茶碗の縁に口をつけて、箸を使って食べ物をかきこむことをいいます。お茶漬けなどに見られます。 不ぞろいの箸で食べることをいいます。骨を拾うときは竹や木の箸で拾います。
たたき箸 振り上げ箸 渡し箸
たたき箸箸で器を叩くことをいいます。話に夢中になったときや子供に多く見られます。 箸を持った手を振り上げることをいいます。話に夢中になっているときによく見られます。 渡し箸箸を器の上に渡すように置くことをいいます。食事が終わったことを意味します。
涙箸 持ち箸 ねぶり箸
汁物の汁や刺身の醤油を垂らしながら口に運ぶことをいいます。 持ち箸器を持った手で箸を握ることをいいます。 箸の先を舐めることをいいます。
振り箸 立て箸 迷い箸
箸の先についた汁などを振って落とすことをいいます。 ご飯に箸を突き刺すことをいいます。弔事の枕飯を連想させます。 どれを食べようかと箸をうろうろさせることをいいます。
もぎ箸 楊枝箸(せせり箸) 寄せ箸
箸の先についた米粒を口で受け止めることをいいます。 箸を爪楊枝の代わりにして歯の隙間をいじることをいいます。 寄せ箸箸を使って器を自分のほうへ引き寄せることをいいます。
ちぎり箸 握り箸
ちぎり箸箸を片手に1本ずつ持って料理をちぎることをいいます。 握り箸箸の柄を片手で握りしめて持つことをいいます。

箸の正しい持ち方

箸の上げ下ろし

次に正しい箸の持ち方を紹介します。箸は必ず両手を使って取ります。まず、右手で箸を持ち上げます。左手で持ち上げた箸を右手に近いところで下から沿え、右手は右に滑らせて持ち替えます。箸は人差し指を中指で挟むように持ち、上になった1本だけを動かすようにします。箸を置くときは逆の順序で左手を沿え、右手で置くようにします。

箸と器の持ち方

箸と器は同時に持たないようにします。左にある器はすぐに左手に器を持てるため、先に箸を持っていても構いません。しかし、右側に器がある場合は、右手で器に取って左手に持ち替えるため、器を左手に渡してから右手で箸を持つようにします。食事をいただく際、昔はご飯から口をつけるものでしたが、最近は箸にご飯がくっつかないようにと汁物からいただくケースも増えてきました。お祝いの席では不祝儀の意味が強まるので、避けたほうが良いでしょう。

箸袋のマナー

食事中、みなさんは箸をどのように置いていますか?箸置きがあれば箸を置くことができますが、ない場合は箸袋を折って箸置きにすることができます。おみくじを折るような千代折りや折りたたんで山型にして箸を置きます。箸置きも箸袋もない場合は、食器に箸の先をかけたり、取り皿に一文字に渡すのも仕方がない場合があります。食事が終わったら爪楊枝や箸は箸袋に戻すのがマナーです。

割り箸のマナー

実はおもてなしでは、何回も洗える箸より1回限りの柳箸や片口箸など、白木の箸を出すのがマナーです。そのため割り箸が出てくることもよくあります。割り箸は器にぶつからないように膝元まで持ってきて、両手で手前から水平に割ります。日本舞踊に使われる扇を開くイメージを意識するときれいに割れます。ただし口にくわえて割るのはマナー違反です。

箸の歴史

箸は中国から伝わり、日本・台湾・韓国・シンガポールなど東アジアを中心に使われています。日本には弥生時代に伝わってきました。当時の箸は1本の竹をピンセットのように折り曲げた箸でした。日本の食文化は中国の箸を使った食文化が濃く影響されています。8世紀には現在のような竹でできた2本1組の箸が伝わってきました。日本では塗り物の技術が発達し、いろいろな箸が誕生しました。日本の箸は竹や木、プラスチックで作られたものが多いのですが、国によっては鉄やステンレスといった材質もあります。

トップページに戻る

Copyright (c)2006 table-manners.org All rights reserved.