私を磨くテーブルマナー

フランス料理

フランス料理は、世界三大料理に数えられるほどの、世界を代表する料理です。またフランス料理には、複雑なテーブルマナーなどもあるため、私たちには少し敷居が高いような気がしませんか?
しかしフランス料理は、案外誰でも気軽に楽しめる料理なのです。まずはフランス料理と、そのテーブルマナーの歴史を紹介します。

フランス料理とテーブルマナーの歴史

フランス料理

フランス料理の歴史は、ルネサンスの時代にまで遡ります。1533年にフランス王アンリ2世と結婚した、イタリア名家メディチ家のカトリーヌとその専属シェフによって、フランス料理とそのテーブルマナーの原型が、フランスにもたらされました。


その後19世紀に入りフランス料理が、フランスの街中のレストランでも食べられるようになりました。その中で、よりおいしいフランス料理を生み出そうと、料理人によって日々研究が積み重ねられたのです。それと同時に、よりおいしく合理的にフランス料理を楽しむためのテーブルマナーも研究され続け、現在に至っています。

近代のフランス料理

フランス料理は19世紀の前半に、ブリア・サヴァランによってグルメ文化としての完成を見ました。


フランス料理はその成立過程で、イタリア料理やトルコ料理に影響を強く受けていますが、20世紀後半には日本料理の影響も受けました。それとは別に、現在ではミシュランによるフランス料理店の格付けも有名ですよね。

フランス料理のメニュー

フランス料理は料理の出る順番が決まっていて、【オードブル→スープ→魚料理→肉料理→サラダ→デザート】の順で出てきます。


このような流れで出てくる料理のコースを、フルコースと言います。

オードブル

フランス料理のフルコースで、最初に出てくるのがオードブルです。オードブルは日本料理で言う、先付けにあたります。オードブルは食欲をそそったり、以後に出てくる料理に期待を持たせるために、少量の場合が多いのが特徴です。またオードブルの前には、アペリティフが出てくることもあります。


アペリティフとは、食事の前に口を潤すために飲む飲み物のことです。

スープ

フランス料理のフルコースで、オードブルの次に出てくるのがスープです。フランス料理のスープを、ポタージュとも言います。


フランス料理ではスープは飲むものというより、食べるものに近い感覚と言えます。

魚料理

フランス料理のフルコースで、スープの次に出てくるのが魚料理です。店によってはこの魚料理の後に、お口直しの意味を込めてソルベやグラニテなどの、シャーベットが出てくることもあります。

肉料理

フランス料理のフルコースで、魚料理(場合によってはソルベやグラニテ)の後に出てくるのが肉料理です。


他の料理と同様に、フランス料理でも魚料理と肉料理がメインの料理となるので、各レストランの腕の見せ所でもあります。

サラダ

フランス料理のフルコースで、肉料理の後に出てくるのがサラダです。フランス料理のサラダでは、オリーブやマグロを用いたニソワーズや、リヨン風のソーセージをベースにしたリヨネーズなどが有名です。

デザート

フランス料理のフルコースで、最後に出てくるのがデザートです。フランス料理の場合、お菓子の前にチーズが出てくることもあります。これらのデザートの後には、エスプレッソや紅茶のような飲み物が出てきます。

世界三大料理

世界三大料理といえば、フランス料理・トルコ料理・中華料理です。そのため現在でも、世界の要人が集うような大切な会合の晩餐会などには、フランス料理が用意されることが多いようです。しかしそもそも、フランス料理は何がそれほど優れているのでしょう。フランス料理の最も優れた点は、ソースにあると考えられています。世界中で最もソースの体系が発達しているのが、フランス料理なのです。これは料理を形作る要素の中で、いかにソースの占める比重が大きいのかを、如実に示すエピソードではないでしょうか?

トップページに戻る

Copyright (c) table-manners.org All rights reserved.