私を磨くテーブルマナー

テーブルマナー〜イギリス式との違い〜

フランス料理のテーブルマナーは、イギリスのテーブルマナーとは食い違う点が多いので、使い分けようとすると、頭の中がゴチャゴチャになってしまいます。ここではフランス料理とイギリスのテーブルマナーの違い中でも代表的なものや、有名なイギリス料理、アフタヌーンティーのテーブルマナーについて紹介します。

イギリス料理のメニュー

イギリス料理

フランス料理のテーブルマナーとイギリスのテーブルマナーを比較する前に、イギリス料理について紹介します。イギリス料理とは、イギリスが発祥地になっている料理のことです。イギリス料理にはフランス料理のような、高度に発達したグルメ料理がそれほど多くはありません。これはイギリスの気候条件が、作物の生育にあまり適していない事と大きく関係しています。それでも以下のようなイギリス料理は、皆さんも食べた事があるのではないでしょうか?

ローストビーフ

イギリス料理の中で私たちに最もなじみがあるのが、ローストビーフですよね。ローストビーフは皆さんもご存知の通り、牛肉を蒸し焼きにした後、スライスしソースをかけて食べる料理です。

プディング

プディングとは、簡単に言うとプリンに近い料理です。小麦粉・卵・牛乳・砂糖などを混ぜ、焼いたり蒸したりした料理のことです。ライスプディングやチョコレートプディングなど、さまざまな種類があります。

フィッシュ&チップス

イギリスの代表的な庶民料理が、フィッシュ&チップスです。フィッシュ&チップスは、ポテトフライに近い料理です。日本のポテトフライと同様に、フィッシュ&チップスはカロリーが高いので、健康に気を配るイギリス人はなるべく控える傾向にあるようです。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーは正確には料理というわけではありませんが、イギリスを代表する生活習慣なのでここに紹介します。このアフタヌーンティーの習慣は、紅茶を飲むことを通して社交性を増すためのツールとして、今でもイギリス人に親しまれています。

フランス料理のテーブルマナーとイギリス式の違い

テーブルマナーは元々、16世紀のフランスに起源をもちます。そのため歴史上長年フランスが、テーブルマナーの理論やテクニックをリードしてきました。しかしフランスと歴史的にライバル関係にあるイギリスは、それに対抗して独自のテーブルマナーを生み出してきました。ここではフランス料理のテーブルマナーとイギリスのテーブルマナーを、対比させながら紹介します。

二国間のテーブルマナーの違い1:ナイフ・フォークの使い方

フランス料理とイギリスのテーブルマナーの違いの1つめは、ナイフ・フォークの使い方にあります。

  • イギリスのテーブルマナーでは、フォークを使う際には、フォークの背中に料理を乗せて食べます。ちなみにフランス料理のテーブルマナーでは、フォークの背中に料理を乗せると、恥ずかしい思いをするので注意が必要です。
  • イギリスのテーブルマナーでは、フォークを右手に持ち替えてはいけませんが、フランス料理のテーブルマナーではOKです。
  • 料理を食べ終わった時には、ナイフ・フォークを縦に並べるのが、イギリスのテーブルマナーです。しかしフランス料理のテーブルマナーでは、3時の方向、または右斜め下に柄が来るようにしなければなりません。
二国間のテーブルマナーの違い2:スープの飲み方

フランス料理とイギリスのテーブルマナーの違いで、もう1つ注意が必要なのが、スープの飲み方です。出て来たスープに対し、手前から奥にスプーンを運ばせるのがイギリス式です。またスープの量が少なくなってきたら、皿の手前側を少し浮かせて飲みやすくしなければなりません。しかしフランス料理だと、このマナーが完全に反対になります。フランス料理のテーブルマナーではスプーンを奥から手前へ運び、スープの量が少なくなったら皿の奥を少し浮かせるのです。

イギリス独特のテーブルマナー・アフタヌーンティー

先ほど紹介した通り、アフタヌーンティーはイギリス独特の生活習慣なので、ここではそのマナーを紹介します。アフタヌーンティーは通常ミルクティーですが、人によって当然好みがあるので、もてなす人間はそれぞれの好みをリサーチしておかなければなりません。また、それ以外にも、次のような事に気を付けましょう。

  • アフタヌーンティーはカップになみなみと注がれますので、ソーサごと持って飲みましょう。これは、アフタヌーンティーを楽しむためのテーブルが、低めに設定されているためです。ですからテーブルの高さがじゅうぶん高かったら、カップだけを持ち上げても何ら問題はありません。
  • カップのハンドル(掴む部分)は指で掴むためにあるものなので、ハンドルに指を通してはいけません。
  • アフタヌーンティーでは軽食も出てきますが、【サンドイッチ→スコーン→ケーキ】の順番で食べるのが、一般的なテーブルマナーです。
イギリスのテーブルマナーと日本

日本で晩餐会などが開かれた場合、イギリスのテーブルマナーが公式マナーとなります。これは歴史的に日本がフランスよりも、イギリスと国交を重ねる機会が多かったためです。そうは言っても、フランス料理を食べる時にイギリス式のテーブルマナーを使うと、場違いな行動になってしまいますよね。要はケース・バイ・ケースで、臨機応変に対応すれば良いのです。

トップページに戻る

Copyright (c) table-manners.org All rights reserved.