私を磨くテーブルマナー

〜飲み物のオーダーから店を出るまで〜

フランス料理を実際に食べ始める時に必要となるテーブルマナーを、皆さんはご存知ですか?ここでは、「ナイフ・フォークの使い方」のようなメジャーなテーブルマナーから、ワンポイントアドバイスまで幅広く扱っているので、どうぞ参考にしてください。

フランス料理のテーブルマナー・飲み物の選び方

これから料理を楽しもうという時に、1番最初に選ぶのが飲み物です。自分が好きな飲み物がある場合には、それをオーダーすれば良いでしょう。しかしそれ以外の場合には、ソムリエに自分の好みを伝えて、料理に一番合った飲み物を選んでもらうのがベストでしょう。

フランス料理のテーブルマナー・スープの飲み方

フランス料理においてスープは、飲むというより食べる感覚に近いのが特徴です。ですから、音をたててスープを飲んではいけません。またフランス料理のテーブルマナーでは、スープの飲み方も重要です。フランス料理の場合には、奥から手前側へとスプーンを運びます。またスープの量が少なくなったら、皿の奥側を少し浮かせて飲むのも、フランス料理のテーブルマナーの特徴です。スープの温度が熱いので少し覚ましたい時には、息をかけて覚ましてはいけません。スプーンでスープをかき混ぜたり、スープ表面をスプーンでなでるなどして冷やすのが、正しいテーブルマナーです。

フランス料理のテーブルマナー・カップスープの飲み方

スープがカップに入って出てきた場合には、スプーンをカップの中に入れるとバランスが安定しないため、テーブルマナー上好ましくありません。ですから、取手を掴んでスープを飲んでも構いません。また飲んでいる最中にパンなどを食べたくなって、一時的にスプーンを置きたい時には、スプーンはカップ皿の上側に置きましょう。

フランス料理のテーブルマナー・ナイフとフォークの使い方

フランス料理のマナーの中で最もややこしいのが、ナイフとフォークの使い方です。着席すると、たくさんのナイフ・フォークが並べられているので、どれから使えば良いのか戸惑うかもしれません。しかし、ナイフ・フォークを使う順番は非常に単純明快で、外側から使えばそれで良いのです。フランス料理のテーブルマナーでは、フォークの背中に料理を乗せる事はしません。またイギリスのテーブルマナーと違い、食事中にフォークを持ち替えてもテーブルマナー上問題はありません。

フランス料理のテーブルマナー・ナイフとフォークの置き方

一旦手を休めたいときと食べ終わったとき

食事の最中に一旦手を休めたい場合には、ナイフ・フォークの先端を合わせ、漢字の八の字に置きます。この時は、フォークの下にナイフが入ることに注意しましょう。食べ終わったらナイフ・フォーク共に皿に対して3時の方向、または中央斜め下にそろえて並べましょう。ただし八の字にする場合も、3時の方向(または中央斜め下)に向ける場合も、ナイフの歯は内側(自分側)に向けるのが、テーブルマナーです。ナイフ・フォークを落とした場合には、ナプキンの時と同様に自分で拾わず、ウェイターを呼んで拾ってもらうのがテーブルマナーです。

フランス料理のテーブルマナー・料理の食べ方

スープの後にはいよいよ、レストラン自慢のメイン料理が出てきます。魚料理や肉料理を食べる際に大事なテーブルマナーは、ナイフとフォークで1度に全てカットしてしまわない事です。料理の左側から順番に、1口ほどの大きさに切って食べましょう。

フランス料理のテーブルマナー・パンの食べ方

フランス料理においてパンは、空腹を満たすというよりはむしろ、料理同士の味が混じってしまわないために食べるものです。ですから、パンだけをバクバク食べるのではなく、料理のインターバルとして口に入れるのがテーブルマナーです。ちなみにパンは、スープからデザートまでの間に食べるのが良いでしょう。

フランス料理のテーブルマナー・食後

メインの料理やサラダ・デザートを食べ終わると、コーヒーなどの飲み物が出てきますが、「食事は飲み物を飲み終えるまで続いている」ということを忘れないで下さい。デザートを食べ終わってすぐに帰ろうとするのは、テーブルマナーに反しています。

フランス料理のテーブルマナー・その他のポイント

以上でフランス料理のテーブルマナー講座は終了です。しかしこれら以外にも幾つか、細かい注意点がありますので紹介します。

フランス料理のテーブルマナー・食べられないものは?

どんな人にも必ず、好き嫌いというものがあります。レストランで食事を楽しむ以上、なるべく料理を残さないのがテーブルマナーですが、どうしても自分の苦手なものが出てきた場合などは、皿の隅にまとめて置きましょう。

フランス料理のテーブルマナー・適度に会話をする

フランス料理のテーブルマナーでは、適度に会話することも非常に大切です。私たち日本人にとって、食事中に会話することはどちらかと言うとマナーに反する行為です。しかし欧米人にとって食事は楽しみながらするものなので、フランス料理では食事中に適度に会話を挟むのが、正しいテーブルマナーとなります。

微笑をわすれずに

テーブルマナーに直接関係するわけではありませんが、料理を楽しむ際には男性・女性に関わらず、微笑みを忘れないことも非常に大切です。相手が仏頂面だと、せっかくの料理もおいしさが半減してしまいます。「自分がどうすれば、相手が楽しく料理を食べられるか」を考えることが、テーブルマナーの基本です。どんなに腹の立つ事があったり、イライラしていても、それらを顔にダイレクトに出すような事をしてはいけません。

トップページに戻る

Copyright (c) table-manners.org All rights reserved.